甲状腺内科

甲状腺とは

甲状腺は首の前方、のどぼとけのすぐ下にあります。

正面から見ると、蝶が羽を広げたような形で、すぐ後ろにある気管を抱き込むようについています。

ホルモンをつくる臓器を内分泌器官といい、甲状腺もそのひとつで、食べ物に含まれるヨウ素を材料にしてこ「甲状腺ホルモン」を合成しています。

甲状腺ホルモンは体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにする働きがあり、私たちが活動するために必要なエネルギーをつくり、快適に生活するために必要なホルモンです。

甲状腺ホルモンは、全身のほとんどの組織に作用し、成長や発育、エネルギー産生や様々な代謝、循環器の調節などもつかさどっています。

こんな症状はありませんか

甲状腺ホルモンの分泌が過剰になったり、低下することで様々な症状が現れます。

以下の症状がある方はご相談ください。

甲状腺ホルモンが多い時に現れる症状甲状腺ホルモンが少ない時に現れる症状
  • 疲れやすい、だるさがある
  • 暑がり
  • 汗が異常にでる
  • 脈拍数が多く動悸がする
  • 甲状腺が腫れる
  • 眼球が出てくる
  • 食欲亢進
  • 排便の回数が増える
  • イライラする
  • 口が渇く
  • 微熱が続く
  • 息切れがする
  • 皮膚のかゆみがある
  • 髪の毛が抜ける
  • 手足がふるえる
  • 月経不順     など

  • 疲れやすい、だるさがある
  • 寒がり
  • 汗が少ない
  • 脈拍数が少ない
  • 甲状腺が腫れる
  • むくむ(顔、全身)
  • 体重が増える
  • 便秘
  • 気力がない
  • 声がかれる
  • 動作がにぶい
  • 物忘れしやすい
  • 眠たい
  • 皮膚が乾燥する
  • 髪の毛が抜ける
  • 筋力が低下する
  • 月経不順     など

甲状腺の病気

甲状腺の異常は主に3つに分けることができます。

甲状腺のホルモンが多い状態(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎など

甲状腺ホルモンが少ない状態(甲状腺機能低下症)

橋本病(慢性甲状腺炎)、粘液水腫、手術後甲状腺機能低下症、アイトソープ治療後など

甲状腺に腫瘍ができた状態(結節性甲状腺腫)

甲状腺に腫瘍が出来る病気で良性と悪性があります。

<良性>

腺腫様甲状腺種、濾胞腺腫、のう胞など

<悪性>

甲状腺癌(乳頭癌、濾胞癌、髄様癌、未分化癌)、悪性リンパ腫など

<腺腫がホルモンをつくり出し、甲状腺機能亢進症を示す病気>

プランマー病(甲状腺機能性結節)

★当院では、血液検査、甲状腺超音波検査などを行っておりますので、

上記症状がある方はご相談ください。

また、健康診断で甲状腺異常を指摘された方もご相談ください。

糖尿病内科 内分泌・代謝内科 甲状腺

火曜日(8:45~13:00)

林田 亮佑 医師

水曜日(8:45~13:00)

中村 優子 医師  

曜日(8:45~13:00)

髙栁 佑輔 医師 

アクセスマップ

  • JR立川駅より徒歩2分
  • 多摩モノレール立川南駅より徒歩1分
  • 立川南口歩行者専用デッキ直結

医院案内

医療機関名
立川内科クリニック
院長名
有賀 晴之
診療科目
内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病・内分泌代謝内科  呼吸器内科 アレルギー科 トラベル外来 予防接種 健診 禁煙外来
住所
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3丁目8-2
ビルドはなさい5階
Google MAPはこちら
電話番号
042-548-0730

診療曜日 月曜~土曜日

診療受付午前 8:45~13:00 
    午後
14:45~21:00 
(土曜日は午後の診察はありません)

※時間内に受付された方は最後まで診察いたします。
休診日 日曜日・祝日

立川駅南口徒歩2分 多摩モノレール南駅徒歩1分 デッキ直結 平日夜9時まで診療 内科 循環器 消化器 糖尿病・内分泌・甲状腺 呼吸器 アレルギー 予防接種 トラベル外来 健診(健康診断) 検診 メタボ・肥満 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群