インフルエンザ


インフルエンザ予防接種は10月15日より接種開始となりますので、

ご希望の方はこちらのページをご覧ください。


◆インフルエンザの流行が早い!?◆

インフルエンザウイルス感染症は、例年12月頃から流行が始まり、

1月~3月頃にピークを迎えます。ところが、近年では冬を迎える前にもインフルエンザが流行する傾向にあり、今年の9月にはインフルエンザによる学級閉鎖がニュースになっています。

実際に当院でも、9月中に数名の患者様がインフルエンザと診断されました。

早い時期からインフルエンザが流行してくると、早く予防接種をしたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、予防接種の効果期間は約5ヶ月と言われています。

したがって、流行のピークを迎える1月~3月に予防効果を発揮させる為には、

10月中旬~11月中に接種するのが望ましいと言えます。

予防接種はなるべくこの期間に行い、まずは外出時にマスクをしたり、手洗い・うがいをしっかり行うなどして予防していきましょう。


◆インフルエンザと風邪は違う

インフルエンザとは「インフルエンザウイルス」によって引き起こされる感染症です。

風邪の多くは発症後の経過がゆるやかで、咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛みなどの症状が主に見られ、発熱も軽度ですが、

インフルエンザにかかると、38℃以上の急な発熱や、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強く現れ、合わせて咳やのどの痛み、鼻水などの呼吸器疾患、腹痛や吐き気などの消化器症状なども現れることもあります。

また、インフルエンザは合併症にも注意が必要で、特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方、妊娠中の方や乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎や肺炎、インフルエンザ脳炎などを併発し、最悪の場合は死に至る事もあります。


◆インフルエンザは予防が大切◆

インフルエンザを予防するには「ワクチン接種」が効果的です。

ワクチンの効果については厚生労働省やCDC(米国疾病管理センター)などの調査によると、

発症率が20%くらいに抑えられることがわかっており、例え感染したとしても、軽い症状ですむことが証明されています。

高齢者や仕事などで不特定多数の人に接する方、呼吸器疾患、心臓病、糖尿病などの持病があって、合併症をおこしやすい方は特に予防接種をお勧めします。

(個人差はありますが、ワクチンの効果は接種してから2週間程かかるので、流行期の前に接種してください。)

また、ご自身での予防もとても大切になりますので、

ワクチン接種と合わせて生活面でもしっかり予防をしましょう。

・外出時にはマスクをする

・帰宅時には手洗い・うがいをしっかりする

・栄養・睡眠を十分にとる

・室内の加湿・換気をする


★インフルエンザ予防接種ご希望の方はこちらのページをご覧ください。



アクセスマップ

  • JR立川駅より徒歩2分
  • 多摩モノレール立川南駅より徒歩1分
  • 立川南口歩行者専用デッキ直結

医院案内

院長名
有賀 晴之
診療科目
内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科 、アレルギー科、トラベル外来、予防接種、健診、禁煙外来
住所
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3丁目8-2
ビルドはなさい5階

※詳細地図はこちら
電話番号
042-548-0730

診療曜日 月曜~土曜日

診療受付午前 8:45~13:00 
    午後
14:45~21:00 
(土曜日は午後の診察はありません)

※時間内に受付された方は最後まで診察いたします。
休診日 土曜午後、日曜日・祝日

立川南駅1分・立川駅南口2分 内科・循環器・呼吸器・消化器・糖尿病・アレルギー・トラベル外来・予防接種・健診・禁煙外来